お受験おーわっぴ。

今年の目標の一つが、年内に受験生を卒業することだった。

なんでか?単にさっさと終わらせたかったから。普通にしんどいもん。しんどい思いすんの嫌やもん。

ということで、春から日本の大学に、夏から海外の大学に進めるってことが決まりました!

日本のAOも、海外のSATもエッセイも、死ぬかと思った。志望理由書を書いては先生に見せて、ダメ出しされて、もっかい書いて、を延々と繰り返した夏。しかも受けた学校がめっちゃ書類多くて、、、。SATも、必死こいてってほどは勉強せんかったけど、まあ毎週塾行ってちゃんと勉強してたのに、受けた後めっちゃ手応えあったのに、結果が一ヶ月後に届いてみたら点数全然上がってへんやん、、、みたいなん、何回も繰り返しました。エッセイも、何書いたらいいかわからんし、ひたすら書いては直してをリピート。でもまぁなんとかなりましたわ。

大学二つも通うとかただの金持ちやん〜ええなぁお嬢様は〜とか思いかけたそこのあなた、実は海外の方は学費・寮費・食費ぜーんぶ奨学金、しかも年2回日本帰る交通費まで出してくれる、というわけなんで、お金はぜーんぜんかかんないよ。まあそれまでのSATの受験料やらTOEFLやら塾やらでたんとお金かかってますけどね。ありがとんパパ上。

 

でも、受験がこんなに早く(といっても内部進学だったら7月に決まってんねんからそれと比べたらなんてことないか、とか考えてまうけどめっちゃ早く)決まって、果たしてええことなんでしょうか。

今、何したらええのか一番わかりません。センター受けるから、勉強しないとという思いはあるねんけど、なかなか行動に移せない。怠け癖ってほんとあかん。とりあえず学校の課題のSlaughterhouse Five読もうと頑張ってる。寝落ちしちゃうけど。

あの頃のモチベが恋しい。っていうのが本音。なんかブログ書くときだいたい怠けてるな、、、

 

仕切り直して、書きたかったことを書こう。なんでこの道にしたか。

簡単にいうと、何勉強したいかわからんかったから。ちゃうねん、何も考えてないわけじゃなくって、いろんなことに興味がありすぎて、一つに決めれなかった。開発学やら国際関係やらを専攻に、って考えてるけど、最近ものすごくジェンダーってものに興味があるし、ジャーナリズムも面白そう。経済もええなぁ、あ哲学とかめっちゃええやん!

そんな私が出会ったのがリベラルアーツ。私にぴったりやん!ってことで、履修の自由度が高い学校・学部を探したら、春から通う日本の大学に出会えましたね。

でもなんか、タンザニアにいたとき、周りは「LSEが第一志望やねん〜」「スタンフォード一択やわ〜」とか言ってるのを聞いて、なんか選択肢を日本に絞ってる自分が虚しくなって、悔しかった。ほんで、はなから自分で自分の道を狭めちゃうほど悲しいことないな、って思って、選択肢を広げていったら今のところに出会えましたね。

特に、これから通う大学の、留学生が100%なところが好き。教室にいるときだけじゃなくて、ただ生活を送ってるだけで、新しい学びがあるんじゃないか。そう思ってます。

 

バイトしたい欲が半端ないけど、奨学金で年800万もらってる身なんで勉強に集中したら?っていう親のアドバイスもあり、高校生の間だけになりそうです。まだ受かってもないけどな、バイト。